PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

こういうの好きなんでっ…

NOKTONのレンズにフェイクコード入れようとしたら、、、そんなに簡単ではなかったっ、、、

まずは誰かが開発したこのキットでレンズにマーキング。。。こんなキットが数千円とは信じられないが… 自分で作る手間を考えれば買った方がイイなっ。。。このSDカードただの飾りですよっ、、、でっポッカリ空いた長細い隙間には「マッキー」(マジック)が入ってたっ、、、

20090715-1-hyperlab.jpg


最初は説明通りにマジックで書いたんだけど、まったく認識しないっ、、、
どうもコードを入れる部分にネジ頭があるのが問題なようだっ、、、
ネットで皆が試してるもうひとつの方法、テプラPROのカートリッジ(黒)を使ってみた。。。
認識はしたけど… 2~3回の着脱でテープがズレて認識しなくなったっ、、、まぁ、それも皆言ってたけどっ、、、でも、あまりに耐久性なさ過ぎっ、、、
6bitっていうのはレンズ側に6個の白黒のマークを付けて、それをカメラ側のセンサーがレンズ情報を読み込むというものです。
それによってレンズとカメラが最適化されます。
でっ、考えたんだけど、結局0と1のデジタル信号なんだから、黒が3つ繋がってたり端の方にあるならテープを繋げたり大きくして粘着力を増大すれば、ズレづらいのではないだろうかっ。。。
試したら認識も問題なく10回程着脱を繰り返したけど、ズレる事も剥がれることもなかったっ。。。成功っ。。。
まぁ、直接に擦れているのでいつかは剥がれたりするでしょうが、、、
時間がある時に「ミニルーター」で純正品のようにちょっと掘り込みを入れてみようかなっ。。。

20090715-2-hyperlab.jpg


レンズ情報で「35ミリ」って出てるでしょう。。。これで認識してるって事がわかります。

20090715-3-hyperlab.jpg

| ノンジャンル | 23:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT